奥日光 小田代ヶ原に湖が出現。 2011/10/1

画像


暗い、暗い、真っ暗である。
これが、ほんとうの暗闇と言うのだね。
自分の手のひらさえ、目の前でも見えないのである。

うーーむ、これは何かの修行なのかと、自問自答。

AM 3:20 一人で山の中を歩いている。
とは言っても舗装された道路ですが。

もし光の無い・音の無い世界に行ったのなら、
自分は気が狂ってしまうかもと思ったりしてみる。

この暗闇で、たよりになるのは、
LEDの懐中電灯(震災直後に買ったもの)と「熊鈴」だけ。

だが、電池は大丈夫なのか??
ちょいと不安がよぎる。
予備を持つべきだねとちょいと後悔。

歩くこと、約30分。

バンザーーイ、やっと到着です。

ここは、奥日光の小田代ヶ原。戦場ヶ原の奥にある湿原です。
風景写真の人気スポットです。

急いで歩いたので、息遣いも荒い。


なんで、こんな思いをして「小田代ケ原」に行ったのか??ですって。


それはですね。
2度の台風がもたらした大雨の影響で、
「幻の湖」といわれている湖(水たまり??)が出現したのですよ。

なんでも前回は、2007年9月だそうで。4年ぶり。
9/6の「下野新聞」の情報を見て、興味津々モードが全開になっちゃいました。
 http://www.shimotsuke.co.jp/town/region/north/nikko/news/20110905/603653

その前は、2004年だというから、かなり珍しいよね。

小田代ヶ原は、マイカーの乗入れが禁止なので、赤沼茶屋からの低公害バスに乗るか、
歩いてくるかでして。

まあ常連の方は、自転車という選択肢もあったりして。

で、私は歩き
でもマイカー立ち入り禁止のゲートまでは、
妻に車で送ってもらい。約10分短縮。


それにしても、AM4時前とは、早いだろう??

実は、「星空」も撮ろうとしたのですが・・・・・

うーーむ、赤沼茶屋の駐車場では星が綺麗に見えたのですが・・・・

小田代ヶ原に着くころには、星が見えなくて・・・・



先客が一人。ラジオの音と、電気の光。
なんかホッとします。

地元の方らしいのですが、小田代ヶ原を知り尽くした常連とみました。
その方、以前は小山市に住んでいたらしく、
奥さんも藤岡町(現 栃木市)出身で、
渡良瀬遊水地は20年以上前に撮影していたそうです。


しかし、すごい水量の小田代ヶ原です。
完全に湿原が水没。木道も場所によりプカプカ状態、グラグラ状態でして。
かなり危険です。場所によっては水深が2メートルぐらいあるとか。
バランスを崩すと、湖(水たまり?)に落ちちゃいます。

すでに先週の土曜日も、3~4人程が、ずぶぬれだとか。

そして木道の上は、
人が歩いたり動いたりするだけで揺れるので撮影が難しいでしょう。

残念ながら、ゲート付近でカメラの三脚を立てました。



今ちょうど、東武鉄道の特急スペーシアのCMで「小田代ヶ原」が紹介されているので、
人が多いかな??と心配??
 http://www.youtube.com/watch?v=zu8pa_ZLDOY



AM4:40過ぎ、赤沼茶屋 4:30出発のバスが停留所に到着。
遅れて、妻が到着。
まだ、真っ暗。

20人程が、バスから降りてきました。みなさん大きな三脚を持っていて、
とーぜんカメラマンたちです。

5時近く、少し明るくなってきましたかね。
何枚か、シャッターをきってみる。
画像

まだ雲が多いですね。

みなさん、雲が多いので朝焼けを期待しています。
画像

でも・・・・・・・

これ、水没のクマ笹。
画像


AM5:40
うーーむ、ダメですねぇー、空は綺麗に染まりませんねぇーー
画像


画像


AM6:30
やっと、日の光が、シラカバの大木「貴婦人」を照らします。
紅葉は、もうすこし先ですね。
画像


ほんと、ここまでながい道のりでした。


画像


おっ、水面から頭をだしている草紅葉が、日に照らされてきれいだぞ。

画像


おっ、おっ、おっ、良いね、良いねーーー。
画像


この水量、しばらくは、湖のままですね。

7:12 帰りのバスに飛び乗り、小田代ヶ原を出ました。
これ、バスから見た湖、ここも撮影には良いみたい。
画像


おまけです。

「竜頭の滝」で、ちょいとシャッターをきってみる。
画像


AM8:00
さーーて、山を下るぞ。








小田代ヶ原の記事

日光に行ってみる(小田代ケ原編) 2011/5/3
画像










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック