小山市 バウムクーヘン専門店「ヴィルゴ・バウム」に行ってみる 2012/5/27

画像


4月26日 オープン
何のお店かな??と思っていたらバウムクーヘン専門店でした。
「ヴィルゴ・バウム」さん。

あのお菓子屋さんの「乙女屋」さんが出店しているんだって。

「ヴィルゴ」とは、乙女座のことらしい。

ロゴの木の葉は、白樺。あの日光・小田代ケ原のシラカバの木「貴婦人」をイメージしてるとか。

ハハハ、小田代ケ原の「貴婦人」、これですね。 ※写真 2007/8/14
画像


という「ヴィルゴ・バウム」さんである。

バウムクーヘン好きとしては、買ってみなくちゃね。

なかなか綺麗な店内のディスプレイ。
画像

グリーン色の配色がナチュラル感を出している。
バウムクーヘンが「木」なんですね。

おっ、バウムクーヘンを作っているぞ。
画像

ふーーむ、こんな風に作るんだ。なにげに納得。

そーーいえば、
先日読んだ「日本人の知らない日本語3」に
  「ドイツ人が日本で初めて見たもの」という内容があり、
  「バウムクーヘン」と書いてあったね。
  旧東ドイツの地方の郷土菓子なので、ドイツではあまり知られていないとか・・・・・

なにげに驚きですね。
てっきりドイツの国民的なお菓子だと思っていました。


では、これをひとつ買ってみるのだ。

食べるとフワッとやわらかく、優しい感じ。
 がっちり硬めのバウムクーヘンも良いけど、こんな柔らかタイプも良いね。
画像


そして、味はしっかりして美味しい。


「美味しさの秘密」は、
 ル・マロニエ 栃木県産米粉
 極上・那須御養卵

だとか。

お土産としても良いかも。




小山市羽川69-1
0285-22-6037
http://www.otomeya.co.jp/virgo.htm


この記事へのコメント

248
2012年06月01日 19:58
これは、羽川の交差点のところですかね??
今度行ってみようかな。
2012年06月02日 05:27
248さん

どうもです。
そうです、羽川の交差点、乙女屋さんの隣です。
なにげに美味しかったですよ。

この記事へのトラックバック