蝉の羽 2012/9/2

画像

どこからか風で飛ばされてきたのか、
 玄関の前に蝉の羽が落ちていました。
   アブラゼミの羽ですね。

なんとなく9月に入り蝉の声も静かになってきたよう。

秋が近づいてきた感じもする。

 夜の虫の音もにぎやかになってきましたよ。


昔からセミの一生は、1週間と言われ短命のたとえにもなっていますが、
どうやらセミの飼育が難しくすぐ死んでしまうことからきた俗説だとか。

じっさいは、自然の中で1か月ほど生きるとも言われているそうです。

ただし、幼虫時代の地下での生活は、なんとアブラゼミで6年。

短命どころか昆虫の中では、かなりの長寿らしい。


ちょいと不思議な感じがした。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック