益子焼の「お茶碗」を買った。 2014/11/8

画像

ことの発端は・・・一本の電話 ※11月1日
 「益子に行くのでしょう??」
 「ついでにお父さんの茶碗買ってきてよ、」
 「先日、ぶつけて割っちゃったのよ」
という実家の母親からの連絡。

はて??、ちょっと前も茶碗を買ったような??
あらら・・もう、割っちゃったんだ・・・・・・あの茶碗

でも、買ってきてと頼まれても・・・・、
 すでに陶器市(益子町)の帰り道、小山市jに入ったあたり。

私「遅いよ連絡が・・・・今、もう小山に帰ってきたよ」
母「えーーー、もう益子からの帰り・・・・・」


ちなみに、ここで言っている「茶碗」は、茶器ではありませんよ。
「ご飯茶碗」のことです。


てなことから、一週間が経った11月8日。
益子町に訪れる機会が。 メチャはやいなぁーー

『そうだ、そうだ、茶碗を買ってきてとお袋に頼まれていた』

 あのぉーーー、
 あくまでもついでに寄ったんですよ。
 市貝町に行く用事があったんで、その帰り道に。

どこで買うかな??
 陶芸家 大塚健一さんの「健一窯」へ行こう。

画像


陶器市の時に寄れなかったからね。

ちょうど大塚健一さんが、店先に出ていたので30分ほどお話ができた。

お茶を入れてもらったり、お饅頭をいただいたり。

そして、買ったのは冒頭の写真の「お茶碗」。

最近は、落ち着いた感じの、昔ながら風の益子焼が、
いいなぁーーと思っているオイラ。

使っていても飽きがこないんですよね。

斬新なデザインや色使いは、すぐに使わなくなっちゃうんだ。
使える料理の範囲も狭かったりしてね。




テーマ「器」のブログ記事
 http://tochigi-shk.at.webry.info/theme/449a1e05c8.html





関連の記事

益子 秋の陶器市(2014年)を楽しむ(その1) 2014/11/1
画像


益子 秋の陶器市(2014年)を楽しむ(その2) 2014/11/1
画像




この記事へのコメント

Pyrus pyrifolia
2014年11月13日 20:27
素敵なお茶碗ですね。実は我が家でも、4つお揃いで買った益子焼きのご飯茶碗の1つに、ヒビが入ってしまっていて、益子に行きたいなぁと思っていたところです。が、ちょっと遠いなぁと…フットワークの軽さを見習いたいです!
2014年11月14日 18:30
Pyrus pyrifolia さん
どうもです。
陶器市で陶芸家さんと話をして買った器は、使う度に思い出したりして、良い思い出です。

この記事へのトラックバック