矢板市 八方ヶ原(大間々~八海山神社) 紅葉を求めて歩く。 2015/10/3

画像

「へぇーー、もう紅葉になっているんだ」
9月30日、地元 下野新聞では那須茶臼岳 姥ケ平の紅葉を伝えていた。

 ※WEB新聞の引用
-----------------------------------------------
気温が一気に下がった今月中旬から色づき、
例年より1週間ほど早いという。
見頃は10月上旬まで続くとみられる。
-----------------------------------------------

ふむふむ、紅葉が今年は早いらしい・・・・

これは、うかうかしていられないよ!!
 どこかに紅葉を見に行こう??

姥ケ平といえば、標高1600メールあたりだな。
奥日光戦場ヶ原だと、約1300メートルだから・・・・まだ、早そうだね。

そーいえば、高原山(矢板市)の八方ヶ原の大間々は、標高1260メートルぐらいだったね。

そこより高い場所を目指せば良いはず。
かなり・・・・大雑把な考えのオイラ。

行ってみよう矢板市 八方ヶ原へ


大間々の駐車場に着いたのは、7時30分

7時40分 標高の高い「八海山神社」向けて出発だ。
どうやら、コースは2つありますよ「見晴らしコース」「林間コース」
ここは、やっぱり紅葉を見ようというのだから・・・「見晴らしコース」。
画像


 ・・・勝手にハイキングコースだと思っている、いいかげんなオイラ・・・

あとで、知ったのですが、このコースは「健脚者向け」と書かれていた。

てなわけで、山の中をヘロヘロになって歩く、
 いやいや、ところによって登ると言う表現のほうがよいみたい。

大間々の駐車場では、それほど紅葉を感じなかったが、
標高が上がるにつれツツジの葉が紅く染まってきた。
画像


オカメノキの実も赤い。
画像


画像


そして、たくさんのナナカマドの実が、山の赤色を増やしていく。
画像


歩きだして40分ぐらい、森の中から出て視界が開けだした。
「見晴らしコース」といわれる理由は、これだね。

おっー、少し雲がかかっているが、目の前の山が紅葉になっているぞ。
こちらより標高が高そうだよ。
画像


なかなかの絶景だぞ。
画像


シラカンバは、葉が落ちちゃっているね。
画像


こんな風に尾根のようなコース。
画像


ツツジではない木々も紅葉するようになってきた。
画像


突然、道が大きな石がごろごろしているだけになった。
こんな何もないような場所でも・・・小さな植物が生きている。
画像


300mぐらい石の道が続いたかな。
ゴールだ!!八海山神社だ。
8時59分 八海山神社に到着 ここの標高は、1539メートル。
画像


なにゆえに、このような祠(ほこら)があるのか??今後の知りたい疑問だね。

60分のコースであったが、80分を要した。
まあ、写真をパシャパシャ撮っていたからね。

眺めがいいねぇーーー
高い山は、釈迦岳。標高1795メートル
画像


釈迦岳からのびる山が紅葉しているね。
こちらより高い1700メートル前後が、いま紅葉のきれいなエリアなのかな
画像


さーーて、帰りは別ルート」「林間コース」、こちらも60分のコース
9時15分
画像


でも・・・足がバテてきてガクガク。
山は、上りより下りのほうが大変なんだよね。

さらに、雨が続いたせいなのか、地面のすべる場所がけっこう多い。
注意していたのだけど・・・やはり転んで・・・スボンは泥だらけ。

まあ、泥だらけは、いつものことですけど。
画像


画像


10時35分、駐車場に帰ってきました。

要した時間、あれぇーー80分だ。あまり写真を撮っていないけど・・・




関連の記事

矢板市 八方ケ原の紅葉を見に行きました。 2012/10/20
画像


矢板市 八方ケ原の晩秋 2010/11/27
画像


矢板市 八方ケ原の紅葉を見に行きました。(その1) 2010/10/23
画像


矢板市 八方ヶ原のレンゲツツジが咲き出しました、ヤマツツジは見頃。 2015/5/23
画像








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック