益子 春の陶器市(2018年)を楽しむ(その1) 2018/4/28

画像

ツバメが益子の街中を忙しく飛び回る。陶器店の軒先にはツバメの巣があちらこちら。ほんと春だねぇー
毎度の益子の陶器市が、今日から始まりました。
------------------------------------------------
益子 春の陶器市
  http://blog.mashiko-kankou.org/ceramics_bazaar/
  開催期間 2018年4月28日(土)~5月6日(日)
------------------------------------------------
今回は101回目だとか、
「101匹わんちゃん」「101回目のプロポーズ」そんな言葉をイメージしてしまう。

朝5時45分に共販センターの駐車場に到着、
陶芸メッセのある里山を少し散歩します。カメラを持ってね。

しかし・・・・
つつじ、シャクナゲの花は満開を過ぎたように感じます。
画像

今年は花の開花が早いね、桜も3月だったし。花の見頃の予想がつかない。

おっ、野鳥キビタキの鳴き声が聞こえるぞ。どこだろう
でも、姿は見つからず。

キビタキは、こんな感じのきれいな野鳥です。
画像

 ※写真は2017/5/20 那須塩原 高原山 


エナガが忙しくエサ探しをしています。子育て中なのかな。
画像


よーく見ると樹木の花の形って面白いよ。いろいろなタイプがある。
画像

若葉と同じ色だからわかりづらいけどね。

さてさて、なんか陶器市会場の開店時間がどんどん早くなっていく感じ。
7時にオープンするお店も、けっこうあったりする。

てなことでオイラも陶器市のエリアへ

共販センターにあるテント村、開店間もないのに10数人のお客さんが器を探しています。
人気のある作家さんなんだろうね。誰なのかな?
画像


作家さんは辻紀子さん、なかなか素敵な器だね。
画像


うーーん?妻の目つきが変わったぞ・・・・、
なにやら辻紀子さんの器にロックオンしたようだ。 「手つきボウル」
画像

あーあ、早くも買っちゃった。
妻曰く、最近我が家ではやっている「酢キャベツ」を入れるのだとか。

さようでございますか、
腸内フローラを整え、デブ菌を減らす「酢キャベツ」の調理をよろしくお願いします。

人気のある作家さんのテントの前では、行列や人だかり。
画像


かまぐれの丘で、妻が大山文女さんのテントへ。
なにげに妻は大山文女さんの器がお気に入り。
画像


そしてふたつ買ったぞ。
小皿と
画像


蕎麦猪口
画像

うーーむ、大山文女さん蕎麦猪口買うの3個目なんだけどねぇ・・・・

かわいい置物があった。作家さんは須藤みいしゃさん
画像

ちょっとほのぼの。

城内坂を益子駅方面へ歩きます。
ふふふ、面白いのを見つけたぞ。
「仕事行きたくねーなぁー」と書かれた皿
画像


「なぜ太るのだろう」のカップ
画像


オイラ的には、相田みつをさんに通ずるものがあるよ。ちょいと親しみを感じるのだ。
「にんげんだもの」と後に書きたい足したいね。

そんな「猫や工房」すみ田 理恵さんの器

城内坂交差点を越え、若菜綾子さんのいる期間限定のショップ 第2倉庫へ
画像


えーー、激混みだぞ。お客さんがいっぱい。
画像

いぜんは、作家さんとゆっくり話す時間があったんだけど・・・・・
そんな状況ではないようだ。

ということで若菜綾子さんの小鉢を購入して店を出る。
画像


もえぎ城内坂店でurusidoさんの器をじっくり
欲しい・・・・「ハシビロコウ」が描かれた器
画像


超人気作家 石岡信之さんのテント、あいかわらず絶大な人気ですね。
画像


レジを待つお客さんの行列の長さがまた凄すぎです。
画像


話は(その2)に続きます。


テーマ「器」のブログ記事
 http://tochigi-shk.at.webry.info/theme/449a1e05c8.html




関連の記事

益子 秋の陶器市(2017年)を楽しむ(その1) 2017/11/3
画像


益子 秋の陶器市(2017年)を楽しむ(その2) 2017/11/3
画像


益子 春の陶器市(2017年)を楽しむ(その1) 2017/4/29
画像


益子 春の陶器市(2017年)を楽しむ(その2) 2017/4/29
画像


益子 秋の陶器市(2016年)を楽しむ(その1) 2016/11/3
画像


益子 秋の陶器市(2016年)を楽しむ(その2) 2016/11/3
画像


益子 春の陶器市(2016年)を楽しむ(その1) 2016/4/29
画像


益子 春の陶器市(2016年)を楽しむ(その2) 2016/4/29
画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック