福島県との県境にある男鹿高原駅(日光市)へ行ってみた。 2018/9/14

画像

前記事 日光市のキャンプ場「ワイルドフィールズおじか」に行く計画を立てていた時、地図を見ながら気になったことがあった。
キャンプ場に向かう途中、国道121号(会津西街道)沿いに駅があることを。 
福島県との県境の駅になる。
駅名は「男鹿高原駅」 ※野岩鉄道 会津鬼怒川線

ここが栃木県で一番北の駅になるのかな?? 素朴な疑問。
調べてみると男鹿高原駅は、2番目に北であり、一番北は東北本線の豊原駅


ちなみにこんな感じである。

 最東端 茂木駅(真岡鐵道 真岡線)
 最西端 小俣駅(JR東日本 両毛線)
 最南端 野木駅(JR東日本 東北本線)
 最北端 豊原駅(JR東日本 東北本線)


豊原駅
 栃木県那須郡那須町豊原甲
 北緯37.054982度 東経140.155037度

男鹿高原駅
 栃木県日光市横川
 北緯37.047894度 東経139.723889度


しかし驚いたことがネットに書いてある。

男鹿高原駅は野岩鉄道線内では最も乗車人員が少ない駅との情報
 2014年(平成26年) 年間乗車人員363人
 一日あたりだと0.99人

うへぇーーー、1日に1人しか乗らない駅なんだ。

ちょっと野次馬根性が急上昇 ちょいと寄ってみんべ。



当日、キャンプ場に向かう途中


国道121号(会津西街道)を車は走る、ナビの画面に男鹿高原駅の文字が、近くまでやってきた。

上空をヘリコプターが飛んでいる、ずいぶんと山の中で飛んでいるなぁーと気になった。
ヘリコプターの下からはロープが出ていて資材のようなものを運んでいるようだ。



おっ、この道を入って行くんだな。国道から駅へと向かう細い道が伸びている・・・・・
そして山の中へと入って行く・・・・

すごいところだ、この道で合っているの??駅があるの??

ヘリポートがある??なぜ?? さきほど見たヘリでの資材運びなのか
「男鹿高原駅前広場緊急ヘリポート」というらしい。 なんじゃそりゃあ

変電所のような場所を通過する・・・・・
さらに先へ進む

げっ!!5メートルはあろうかという大きな水溜まりが目の前に・・・
どれぐらい深いかがわからない、下手に入って行くと出られないかも。

残念だけど引き返すか。
車を反転させてナビの画面を見ると・・・・・

あれれれ・・・・・いつのまにか駅は通り過ぎていたようだ。

どこ駅・・・どこ駅


あった、これが駅だ、男鹿高原駅
画像

うっかり気づかず見落としてしまうほど小さな駅。というより小屋??

しかしすごい駅だな、ちょっと改札を見てみよう。

建物に入り階段を降りる・・・・・

れれれ、改札が無いぞ、そのままプラットホームになっている。
画像

ちょっと未知の世界。

電車の本数・・・・・少ない。
画像

11時59分の電車がくるようだ。

画像


電車には乗らないのでプラットホームを離れ駅入口に。

電車がホームに入ってきた。
とーぜん、だれも降りてこない。

ちょっと電車の写真を撮ってみよう、気分は撮り鉄。
画像


男鹿高原駅、一見の価値ありのような・・・・・新しい経験が。






この記事へのコメント

2018年09月18日 16:36
これが野岩鉄道の電車?と思うほど、斬新なデザインですね!
2018年09月19日 04:42
宮星さん
どうもです。
野岩鉄道の電車、じつは私も驚いちゃいました。
もう少しレトロな電車が走っているのかと思っていました。

この記事へのトラックバック