渡良瀬遊水地 コウノトリは巣作り開始、ミサゴはいつも狙われている。 2019/2/24

画像

日の出時間が少しずつ早なっていく、宇都宮(栃木県)だと6時17分となった。
それにあわせて渡良瀬遊水地に着く時間も早くなるオイラ。
6時10分頃に到着。
土手から渡良瀬遊水地 第二調節池の中へと入って行く。

うううん??コウノトリの人工巣塔になにかいますよ・・・・
なんでしょう??けっこう大きいぞ。双眼鏡で確認するとコウノトリですね。

少しだけ近づいてみることに。

人工巣塔を眺めとていると、コウノトリが飛び立った。

そして、近くに飛んできた。
コウノリトリは、大きいねぇー コウノトリは「ひかる君」ですね。
画像


※野鳥の写真はトリミングしています。

コウノリトリ、沼地の枯草を銜えたよ。
画像


そしてコウノトリは飛んだ。
画像


ほぉーー、コウノトリは巣作り中ですね。
画像


第一調節池の水路に移動した。
ミサゴが飛んでいた。
画像


毎度毎度の谷中湖のまわりを歩きます。
セグロカモメが飛んでいる。
画像

谷中湖の方にも何羽かいるように見えた。

池の水を抜く干し上げが進んでいます。
湖底の大部分が現れてきました。
画像


ううん?? 遠くでミサゴが低空で飛んでいるぞ。
あっ、鋭い足の爪を水の中へと。
画像


おーー、ミサゴが大きな魚を捕まえたね。
画像


上へ上へと上昇するミサゴ
画像


ミサゴ、なにか警戒している様子。
画像


セグロカモメが後ろからミサゴを追いかける。
画像


エサを横取りしようとするセグロカモメ、逃げるミサゴ
画像


おーー、ミサゴ VS セグロカモメの空中戦だ。 ワクワクするオイラ。
画像


えーーと、遠ざかってって結果がわかりませんでした。

遠くにミコアイサがいた。カンムリカイツブリもいる。
画像


谷中村跡広場に行くとベニマシコが地面に落ちたアキニレの実を食べている。
画像


いつ見てもモグモグしているベニマシコ
画像


シメは木の枝に。
画像








テーマ「渡良瀬遊水地」のブログ記事
 http://tochigi-shk.at.webry.info/theme/d6ff623383.html




渡良瀬遊水地 最近の記事

渡良瀬遊水地 谷中湖で野鳥ツルシギが歩いていた。 2019/2/17
画像


渡良瀬遊水地 雪景色を撮影しに行くが、雪は少なかった。探鳥(ベニマシコ等) 2019/2/10
画像


渡良瀬遊水地 雪の降る中、ぶらぶら探鳥(クサシギ、オオタカ等) 2019/2/9
画像


渡良瀬遊水地 水路沿いを猛禽が飛んでいた。(チュウヒ、ハイイロチュウヒ等) 2019/2/8
画像


渡良瀬遊水地 冷たい風の中の散策、猛禽ミサゴが水路の上を飛んでいた。 2019/1/27
画像



この記事へのコメント

サコ
2019年02月28日 18:26
いつも楽しく拝見させていただいてます。
同じ日に渡良瀬遊水地に行ってることもあります。(^-^)
私がカラスとスズメ以外は見る事が出来ず帰ってきて
ブログを見ると、たくさんの鳥たちの写真が! なんて時があります。
すごいなぁ~と羨ましく思います。


ひかるくん、巣作りはじめたのですね!可愛い!
写真アップして下さって嬉しかったです。
お嫁さん来るといいですね。
(#^.^#)
2019年03月01日 18:01
サコ さん
コメントありがとうございます。
もしかすると渡良瀬遊水地ですれ違っているかもしれませんね。
私も過去にカラスとスズメにトビだけの日なんて、何度もありましたよ。
最近、ちょっとだけ経験を積んだかなという思いが出てきました。

2018年、日本でのコウノトリの野外生息個体は144羽となっているようです。
いつかヒナの姿が見られるといいですよね。

この記事へのトラックバック