奥日光 戦場ヶ原から小田代ヶ原を散策。初秋の湿原も花が美しい。 2019/9/7

dlog0560.jpg

1ヶ月ぶりの奥日光です。
今回は戦場ヶ原から小田代ヶ原を散策しようという計画。
朝6時半、赤沼車庫駐車場を出発。
一年を通して歩いてみると、
冬から春になり、夏になって秋へと、めぐる季節を感じられて何気に楽しい。

もう鳥の声が聞こえないね、さすがに囀りは無くなったか。

天気は晴れ。
しかし・・・・湿原では霧が出ているね。
dlog0561.jpg


ううむ・・・逆光の霧の中に鳥さんが・・・・光が乱反射しているような状況
ぜんぜんきれいに撮れない・・・・
ホオアカですね。 ※野鳥の写真はトリミングしています。
dlog0562.jpg


アケボノソウが咲いています。オイラの好きな花だよ。
dlog0563.jpg


ノビタキです。羽が冬羽になってきています。幼鳥かな。
dlog0564.jpg

親鳥は、子育てが終わると、さっさと南へと渡ってしまうらしい。

しかし・・・ほんと野鳥の姿が見えない、
  今回、このノビタキが最後の写真です・・・・

リンドウの蕾です。
dlog0565.jpg


イネ科の植物の穂が出ています。
dlog0566.jpg


ウメバチソウ(梅鉢草)です。
dlog0567.jpg


秋の高原に咲く花。
dlog0568.jpg


ウグイスの地鳴き、カラ類の声は聞こえるのですが・・・・姿を現さない。

もう、泉門池近くまでやってきました。

サラシナショウマが咲いています。
dlog0569.jpg


花の蜜を求めてチョウたちがやってきています。
dlog0570.jpg


ミドリヒョウモンといチョウなのかな??
dlog0571.jpg


小田代ヶ原を目指します。

キツリフネ(黄釣船) 、ツリフネソウの一種です。
dlog0572.jpg


横から見るとこんな感じ。
dlog0573.jpg


湿地が草が紅葉を始めました。
タデ科の植物、アキノウナギツカミ(秋の鰻掴み)の葉が染まっているんですね。
dlog0574.jpg


ホザキシモツケ、まだ咲いているところがあります。
dlog0575.jpg


そして花の蜜を求めてチョウたちが。
dlog0576.jpg


コオニユリ、最後の花なのかな。
dlog0577.jpg


視界が開けてきました。日光の山々が見えます。
右から男体山(2,486 m)、大真名子山(2,375 m)、小真名子山(2,323 m)、太郎山(2,368 m)
dlog0578.jpg


小田代ヶ原を貴婦人と言われるシラカンバの大木も健在、樹齢は100年ぐらいらしい。
dlog0579.jpg


湿原の草が色付いてきました。あと3週間ぐらいで紅い草紅葉になりますね??
dlog0580.jpg



過去の小田代ヶ原の草紅葉風景です。 ※2017年9月26日
画像

 ※記事【奥日光 小田代ヶ原の草紅葉に感動、戦場ヶ原では野鳥ノゴマに出会う。 2017/9/26】



もう一枚、貴婦人を。
dlog0581.jpg


遠くに見える赤くなってきた草の葉。
dlog0582.jpg



青空に男体山は、映えるねぇー。
dlog0583.jpg





YouTubeに動画をアップしました。 ※追記2019/9/9

https://youtu.be/_jANB-CEqXI




奥日光に関する最近の記事

奥日光 戦場ヶ原、英国大使館別荘、中禅寺湖展望台をぶらぶら、山と湖と空が美しかった。 2019/8/9
dlog0342.jpg


奥日光 戦場ヶ原 ホザキシモツケの花は見頃、野鳥のさえずりは少なくなってきた。 2019/8/3
dlog0308.jpg


奥日光 戦場ヶ原から小田代ヶ原を散策。野鳥(ホオアカ、カッコウ、オオアカゲラ等) 2019/7/13
dlog0170.jpg


奥日光 戦場ヶ原 ズミが満開を過ぎて散りだした。野鳥(ノビタキ、キビタキ等) 2019/6/15
画像


奥日光 戦場ヶ原 カッコウが鳴きだし、早くも夏のような日射しにバテバテ 2019/5/25
画像


奥日光 戦場ヶ原、千手が浜~西ノ湖をぶらぶら散策 2019/5/18
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント