奥日光を楽しむ(その1) 小田代ヶ原~戦場ヶ原を散策、中禅寺湖畔ボートハウスにも立ち寄る。 2019/11/15

dlog8329.jpg

今回は奥日光の一泊旅行です。
「えっ・・・何をいまさら」という言葉が聞こえてきそうですが、
たまには、温泉に入って、美味しい料理も食べたいよねというノリでして、なかなか普段はできないんですね。

しかし・・・うーーむ・・・一泊だというのにすごい荷物・・・3日分ぐらいあるのでは??
カメラ機材も、いつもは持ち歩かない交換レンズや、バッテリー充電器も用意したりして。

で、奥日光・戦場ヶ原の入口にある赤沼駐車場に着いたのはAM6時10分
ハハハ、いつもと変わらない時間ですね。

北西に見える高い山には雪が積もっています。
奥日光の日の出時刻は6時19分。雪が朝日で照らされます。
きれいですね。
トイレを済ませ、6時20分過ぎに出発
dlog8330.jpg

さーーて、小田代ヶ原に向けて。
奥日光の気温は6時で-1.6度、厚着をしているせいか?寒さに対する気合を入れたせいか、それほど寒さは感じません。

とにかく脇目を振らず、小田代まで一気に行くのだ!!
霧氷で真っ白になったカラマツの林、湿原を見てみたい。

という速足で歩くオイラに妻は、
「なんか鳥が、たくさんいるよ」と言う。

えっ・・・ツグミだよ。※野鳥の写真はトリミングしています。
dlog8331.jpg


「あーー、キツツキがいる」とまた妻が。
えーーと、それはアカゲラ。
dlog8332.jpg

よしよし、立ち止まったのは2度だけだ。このペース、このペース。

林を抜けてアスファルト舗装道に出ました。

ううん??なんかいるぞ、見慣れない鳥ですね??
クロジ??違うなくちばしの形が、後ろ向きでなかなか写真が撮れない。

よし撮れたかな、これは、たぶんカヤクグリだ。
dlog8333.jpg

いかん、いかん カヤクグリで10分以上ロス。

7時20分頃、小田代ヶ原に到着・・・・
れれれ・・・霧氷が付着した真っ白のカラマツや、真っ白な霜に覆われた湿原はない・・・
イメージしていたのとだいぶ違う・・・・
幻の湖と言われている「小田代湖」は、まだあったが、凍っているね。
dlog8334.jpg

天然のスケートリンクですか??

カラマツの葉はだい落ちていた。

まだ太陽の光は山に遮られ、池を照らさない。
dlog8335.jpg


少しずつ太陽の光が。
dlog8336.jpg


毎度、同じ構図で撮ってみたりする。
dlog8337.jpg

よし、戦場ヶ原の方に行ってみよう。

シラカバの林をぬけます。
dlog8338.jpg

小田代と戦場ヶ原の境のゲート付近。

木をつつく大きな音がします。
いたいた、オオアカゲラですね。
dlog8339.jpg


動画も撮ってみました、YouTubeをご覧くださいね。

9時30分頃、戦場ヶ原の湿原エリアに到着。
dlog8340.jpg


ここまでは、すんなり来れたのだが。

ここから先には行けない。
dlog8341.jpg

台風19号の大雨で湯川があふれて、木道の50カ所ぐらいが被害にあったらしい。

春までに??通れるようになるのかな??
これからは雪の季節だし・・・かなり厳しい感じですね。

湿原はふつうに見えるんだけどね。
dlog8342.jpg


来たルートを戻ります。
針葉樹の林の中、ううん??小さな鳥が葉の中を飛び回っていますね。
なんでしょう・・・かなり小さい。
あっ、キクイタダキですよ。ピントは甘々ですが、頭の黄色い毛が撮れました。
dlog8343.jpg


泉門池でちょっと休憩。
時期的な事と通行止めがあることで、さすがに人の少ないですね。
休憩しているのもオイラ達だけ。

ここで妻との意見が分かれる。

オイラの案 北戦場ヶ原を通って光徳入口から東武バスで赤沼まで戻る。
妻の案 小田代へ戻ってそこから低公害バスで赤沼へ

そしてオイラが負ける・・・・
過去に同じようなパターンでひどい目にあったと妻が言う・・・

ううむ・・・そんなにひどかったかなぁー??

とは言え、小田代に戻っ方が正解だったようである。

10時57分 小田代を出発したバスが、ちょうど舗装道路に出たところにやってきた。
このバスのいいところは、どこでも乗車できること。 ※日光市道1002号線内

たすかったぁーー

11時過ぎに、赤沼駐車場に戻ってきました。

せっかくの旅行、たまには、ちょっと良い食事をということで金谷ホテルの「コーヒーハウス ユーコン」へ向かう。

「コーヒーハウス ユーコン」の話はは別の記事でアップします。

食事を終え店を出ると、道をはさんだ対面に「中禅寺湖畔ボートハウス」があります。
一度も入ったことがないんだよねぇー
日光自然博物館が管理している建物。

入ってみようか、12月にはオジロワシの観察会があるって言う情報があった。
dlog8344.jpg


「中禅寺湖畔ボートハウス」は、日光観光ホテル(現中禅寺金谷ホテル)」の付帯施設として、
昭和22年(1947年)、米国の水辺リゾート地の建物をモデルに建設されものだとか。

へぇーー、気持ちのいいデッキだね。
dlog8345.jpg


中禅寺湖の眺めも最高だ。
dlog8346.jpg


奥日光が出身だというスタッフさんから、いろいろな話を聞くことができた。
面白い話どうもありがとうございます。

ボートも展示してある。
dlog8347.jpg


夕暮れ時の眺めも良いかも。このあたりに夕方に来てみようか。

ゴジュウカラがいました。
dlog8348.jpg


その後、金精峠を上がってみた。
dlog8349.jpg

湯ノ湖、戦場ヶ原、男体山が見えます。


話は、次の記事に続きます。


Youtube動画
『すごい勢いで枝をつつく野鳥オオアカゲラ(大赤啄木鳥、White-backed Woodpecker)。 2019年11月15日』




奥日光に関する最近の記事

奥日光 小田代ヶ原に現われた幻の湖「小田代湖」を見に行く、千手が浜・西ノ湖の紅葉も楽しむ。 2019/11/2
dlog8232.jpg


秋の奥日光を散策(竜頭の滝、戦場ヶ原、小田代ヶ原の草紅葉)。野鳥(ホオアカ、アカハラ等) 2019/10/10
dlog0776.jpg


奥日光 戦場ヶ原から小田代ヶ原を散策。初秋の湿原も花が美しい。 2019/9/7
dlog0560.jpg


奥日光 戦場ヶ原、英国大使館別荘、中禅寺湖展望台をぶらぶら、山と湖と空が美しかった。 2019/8/9
dlog0342.jpg


奥日光 戦場ヶ原 ホザキシモツケの花は見頃、野鳥のさえずりは少なくなってきた。 2019/8/3
dlog0308.jpg


奥日光 戦場ヶ原から小田代ヶ原を散策。野鳥(ホオアカ、カッコウ、オオアカゲラ等) 2019/7/13
dlog0170.jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年11月18日 09:41
こんにちは。いつも貴ブログを愉しみに拝見しております。
奥日光は私も大好きな探鳥地でよく出掛けます。
台風19号で木道はかなり影響を受けたと聞き、赤沼から戦場ヶ原ルートも
未だ通行止めですよね。
紅葉も終わりようやく静かになった奥日光へまた足を延ばしたいと思っています。
ついつい鳥見ばかりに夢中になってしまいますが、湯元温泉の泉質は素晴らしい
ですし、色々見どころも沢山あるのが此処奥日光ですよね。
もう少しすると中禅寺湖畔でオオワシが見られるようになるでしょうか。
saboる より
2019年11月19日 20:35
quesoさん
コメントありがとうございます。
奥日光、いろんなことが楽しめていい所ですよね、ついつい鳥ばかり追ってしまいますが・・・温泉・グルメも楽しみたいです。
赤沼から戦場ヶ原ルートが未だ通行できないのはほんと残念です、冬には何度か行こうと予定していたのですが・・・・・通れるようになるのはいつかな??
オオワシ、見たことがないので、いつかは見てみたいと思っています。