渡良瀬遊水地 ふたご座流星群を撮ってみた。そして富士山は赤く染まった。 2014/12/14

画像

今年もやってきた「ふたご座流星群」。
にわか天文ファンになるオイラ。

流星がもっとも流れる「極大時刻」は、12月14日 21時ごろと予想されている。

まあ極大より、ちょいと早めではあるが、「ふたご座流星群」なら
大丈夫かなと勝手な解釈。

そして街のライト(街灯)を敬遠して、郊外へ

12月14日(日) AM3時30分 渡良瀬遊水地の第三排水門付近に到着。

カメラは、東北東方向に向けインターバル撮影をセット。
10秒間隔で720枚を連続撮影

レンズは、24ミリの単焦点。
感度は、ISO1600、露光 8秒、絞り f 5.0

AM3時39分 
画像


フレームの左下に見える「かんむり座」が天空へと昇っていく。

そして下から「ヘルクレス座」が、
星は止まっている様に見えるが少しずつ動いている。
まあ、地球が回転しているのですけとど。

AM5時39分
画像


つまりは、2時間。
720枚の連続写真を比較明コンポジット処理をしたのが冒頭の写真。

けっこう流星が見えたんですけどね・・・・たぶん肉眼では20個近く見たような。

でもねぇーー、写真のフレームに入っているというのが大切。
流星がさらに明るくないとね。

うーーむ、3枚しか確認できないぞ・・・・・

3時49分 けっこう大きな光の軌跡でした。
※トリミングしてズームアップしています。
画像


4時10分
画像


4時49分
画像


ふうーー、2時間の闘いは終わった。

つかれたぁーー、そして体は芯まで冷えてしまった・・・・・

帰ろうとしたが・・・・

おーーー、富士山が赤く染まっていく。
画像


池から靄が。
画像


画像


画像


てなことをしていたら、家に帰るが 7時20分・・・・

 朝食を食べたら眠くなったのだ。





過去の「ふたご座流星群」に関する記事

市街地から「ふたご座流星群」を撮ってみた。(栃木県小山市) 2013/12/14
画像


渡良瀬遊水地 ふたご座流星群を観察 2009/12/14
画像


この記事へのコメント

2014年12月16日 20:34
流星をフレームに入れるのって難しいですよね!私、だいたい南の空にカメラを向けている事が多いのですが流星は凡そ北東方向が多いです。カメラもう一台セットしようか。。。いっそのこと、描いてしまおうかと考えてしまいます。
2014年12月17日 21:07
ごま さん
どうもです。
流星は、ほんと難しいです。
やっぱり運ですよね。それとやり続ける根気ですかね。
はたして、いつになったら満足のいく写真が撮れるのやら・・・・・

この記事へのトラックバック