奥日光 戦場ヶ原 ズミが満開を過ぎて散りだした。野鳥(ノビタキ、キビタキ等) 2019/6/15

画像

えっ!! 6月14日・・会社の特別休暇?・・・迂闊です、まったく認識していないかったオイラ・・・
うーーむ、たしかに昨年もこの時期 平日に那須高原に行った記憶がある・・・・
梅雨なのに天気は良いみたいだよ。先週と交代してもらいたいぐらいだ。
せっかくだから何処かちょっと遠出したいね。栃木県内ですが!

奥日光にしようか。前回(5/25)から3週間ぐらい経っているよね。
妻に相談してみたら
「その日、10時に約束があって車使うよ!!」

えっえーー・・・、どうするの??10時以降の足がない・・・

栃木県はね、車が無いと生活できないんですよ。
首都圏のような便利な鉄道・地下鉄、バス等の交通機関がなくて。

とは言っても行けない事もないか、メジャーな場所だし。
奥日光戦場ヶ原までの公共交通機関を調べてみた。
 ・小山→ 宇都宮→ 日光(JR宇都宮線⇒JR日光線) 往復 2,634円
 ・JR日光駅→赤沼 (東武バス) 往復 3,000円

うーーむ、5000円は辛い・・・さらに時間的な制約が・・・

近場で9時頃までというと、渡良瀬遊水地という選択肢しかないね。

ところが木曜日(13日)の夜22時、妻のところに知人から連絡があり約束を別の日に延期したいとの申し出。

ハハハハ、行けるぞ奥日光。ラッキー

そんなどたばたがあった奥日光戦場ヶ原の散策です。




この時期、3週間経っちゃうと、ずいぶん景色が変わっちゃうね。もう夏近しという感じ。
森の中は木々の葉が多くなり野鳥を探すのは難しくなる、高い木の少ない湿原の方が探しやすい。
遠くにノビタキのオス。 ※野鳥の写真はトリミングしています。
画像

戦場ヶ原、朝6時の気温は10.1度。天気は晴れ。気温が上がりそうだ。

野鳥を撮る時、気温が上がると、遠くの像がぼやけてしまう。
これは地表が太陽の光で温められ、冷たい空気上昇して、上の暖かい空気と混ざって光を屈折させるそうで、これによってぼやけた写真になるようです。
そんな時は被写体が、できるかぎり近い方が良いんだ。

すぐ近くにニュウナイスズメのメスがいた。
画像


ズミの花も満開は過ぎて散り始めています。
画像


開花の遅れているズミも、たまにあったりする。
画像


枯木のてっぺんにモズが留まっていました。
画像


ヒガラ、水浴び直後なのかな?びしょ濡れ。
画像


森の樹木はすっかり葉に覆われました。
画像


ヤマツツジが咲きだしました、見たかったトウゴクミツバツジはほとんどが散っていました。
画像


アカゲラ
画像


アカゲラも地面近くにいると撮りやすいね。
画像


ミヤマザクラが咲いていました。
画像


湯川、小田代橋の近くでクリンソウが咲いていました。
画像

千手が浜ではクリンソウを見に来る観光客が多いのだろうね。

北戦場ヶ原に向かう森の木道 
画像


北戦場ヶ原に出てきました。カッコウの鳴き声が響き渡ります。
画像

ホトトギスの声も聞こえる・・・・でも姿は見えない・・・・

おっ、いるいるノビタキのオス。
画像


朝一より距離が近いので像がぼやけが少ない、気温も安定して少しきたのかな?
画像


ビンズイもいた。
画像


こちらはホオアカだね。
画像


時間も10時を過ぎました、さーーて、来た道を戻りますか。

泉門池で休憩、持ってきたドーナツを食べていたら、近くからキビタキの鳴き声。

何処ですかキビタキさーーん、いたーー。虫を捕まえたみたいだ。
画像


もう一枚、キビタキ君。
画像


ニュウナイスズメ君が最後の鳥さんでした。
画像


雲が少し多くなってきたかな。
画像


あららら、12時過ぎてしまった。腹ペコだ。




奥日光に関する最近の記事

奥日光 戦場ヶ原 カッコウが鳴きだし、早くも夏のような日射しにバテバテ 2019/5/25
画像


奥日光 戦場ヶ原、千手が浜~西ノ湖をぶらぶら散策 2019/5/18
画像


奥日光 戦場ヶ原 冬の残る湿原をぶらぶら。野鳥(ノビタキ、キビタキ等) 2019/5/2
画像


奥日光 湯滝周辺、戦場ヶ原を散策、やっと野鳥アオシギに出会えた。 2019/3/2
画像


奥日光 戦場ヶ原 地ふぶきの中をぶらぶら探鳥。(ハチジョウツグミ、アトリ) 2019/1/11
画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック