大田原市 旨辛唐辛子「栃木三鷹」が赤くなっている。岡繁さんの「サンタ唐揚げ」の唐辛子。 2019/9/15

dlog0601.jpg

那須・茶臼岳(8月17日)をロープウェイで下ると時間は11時過ぎ、とにかくスポーツドリンクが飲みたい。
高山価格であろう250円のポカリスエットを一気飲み。ポカリスエットの水分が体の奥までしみこんでいく感じ。
ふぅーー、なんとか落ち着いた。

気分も落ち着くと、昼飯を考えるオイラ。
やはり那須高原は観光地でして、人気・美味しいお店は混んでいるし・・・値段もそれなり。

考えた末、那須を離れることにした。

宛てもないが慣れている大田原市方面へ。

おっ!! なぜか頭に「唐辛子」のイメージがよぎった。

そうだ、そうだ、あのお店に行ってみようか。


『岡繁』さんへ
dlog0584.jpg

2019年7月9日の放送、番組【マツコの知らない世界】で紹介されてたよね。

テレビで見た旨辛唐辛子「栃木三鷹」を使った鳥の唐揚げ「サンタ唐揚定食」・・・・美味しそうだったなぁー


TBSテレビ「マツコの知らない世界」 ~唐辛子の世界
 https://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/archive/20190709.html


お店に入るとテレビ「マツコの知らない世界」で紹介されたと案内。
dlog0585.jpg


岡繁さんに来たからには、やはり「サンタ唐揚定食」でしょう。
dlog0586.jpg


きたきた「サンタ唐揚定食」
dlog0587.jpg


うまそうだね、唐揚げ。
dlog0588.jpg

では一口。
おっ、大辛なのかなと思いきや。けっこう辛さを控えているピリ辛の範囲ですなぁ。
そして鶏肉の旨味を引き立てている、うまいねぇーー

大きな唐揚げが5個付いているのに860円とはお手頃。

『岡繁』さんって、唐揚げ屋ではなく定食屋さんなんだ。
dlog0589.jpg


「サンタ唐揚定食」美味しかったねぇー、そして興味深い定食屋さんだった。

------------------------------------------------------------------------
岡繁
 栃木県大田原市山の手1-3-9  TEL 0287-22-2474
------------------------------------------------------------------------





しかし・・・・ちょっと待てよ!! 
ブログ記事を書いていたらとても気になった・・・そしていったん書くのを保留することに。



旨辛唐辛子「栃木三鷹」って、どこで栽培しているの??何度も大田原市内を車で移動しているが、唐辛子の畑って見たことないよ。

大田原市は「とうがらしの郷」って紹介しているけど・・・・

きっと唐辛子の畑って、真っ赤できれいなんだろうね。

情報を集めるべく、大田原市観光協会へ ※9月15日

観光協会のある場所の花壇には、唐辛子「栃木三鷹」が植えられていた。
dlog0602.jpg


ふむふむ、唐辛子だけを大規模に栽培しているところはないらしいね。

どちらかと言うと、山の方の畑だったり、田畑でも少し空いているスペースに栽培だったりと、道に接していない場所が多いという。
だから、唐辛子の畑を見る機会がないとのこと。

特に山ではイノシシの食害がひどいため、イノシシが食べない農作物として唐辛子を栽培しているケースも。

へぇーー、そうなんだ。


見学するスポットではない農家さんの畑なので観光協会としても情報は集めていないらしいが、
スタッフさんが知っている知り合いの畑を教えてもらった。

おっ、赤くなっているね唐辛子、やはり思っていたより小さなスペース。
dlog0603.jpg


別の場所へ
おーー、ここはかなり綺麗だぞ、ほんと唐辛子の畑という感じ。
dlog0604.jpg


栽培している方とお話が出来た。
dlog0605.jpg

今年初めての栽培だと言うが、とても立派な唐辛子になっている。
やはり唐辛子と言えども、良いものを収穫しようとするといろいろな手間がかかるらしい、ほったらかしの栽培とは違う。

良い唐辛子の裏には、農家さんのご苦労がたくさんあるんだね。
収獲したら色で選別したりもするらしい。

てな感じでの途中だったブログ記事を書くのを再開。




大田原市観光協会さん、農家さん、唐辛子「栃木三鷹」の話ありがとうございました。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント